頑丈な家造りの3要素

 




1.地盤
        
まずは、どの様な地盤なのか地盤調査をすることが先決です。
地盤調査の結果、安定した地盤であれば特別なことをする必要はないですが、軟弱地盤の場合は
なんらかの対策が必要となります。



2.基礎
        
どの様な地盤かわかったら、それにふさわしい基礎を造ります。
必要な場合は、地盤改良や杭打ちを行うこともあります。表面が軟弱でも固い地盤まで杭を打って
基礎をのせれば安定します。



3.構造
        
構造耐力壁(構造耐力のある壁)を建物の四隅などの要所要所にバランスよく配置します。
さらに、補強が必要な土台、柱、梁の接合箇所には金物補強を行います。



▲Page Top へ